人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2016年 02月 27日 ( 2 )

本日、マイナンバー・ホットラインを行う。

「週刊金曜日」その他宣伝していたメディアには感謝したい。

ホットラインを担当して感じたことは二つある。

一つは、現在のこの日本で、マイナンバー法の本来の目的を超えて、広くマイナンバーを聞くことが、蔓延しているということである。
例えば、ホットラインの相談に
「マイナンバーを知らせないのなら、給料を払わない」
「マイナンバーを知らせないのなら、派遣切りをする」
というのがあった。

当然許されない。
こんなことは改めていうまでもないだろう。
にもかかわらず、こういう違法が、蔓延しているのである。

もう一つは、マイナンバー制度に疑問を持っている人が相当多いのではないかということである。
このホットラインの宣伝媒体が、マイナンバー制度に疑問をもっている媒体であるということを捨象しても、相談者の全てがマイナンバー制度に疑問を持っているということは、日本中で多くの人がマイナンバー制度に疑問をもっていると推察される。
ならば、民主主義からしてもこのような制度はやめるべきであり、そういう問題点を大手マスコミは報ずるべきである。

ときあたかも、斉藤貴男「マイナンバーが日本を滅ぼす」という著が新発売された。
この著の中に、官僚が、大手マスコミを取り組むくだりが書かれている。
マイナンバー制度に大手マスコミが批判しないのは、この斉藤貴男氏の指摘の通り、取り込まれたのか、と思ってしまう。

「いやあ、そんなことはない!マイナンバー制度に批判的に報じていますよ」
と大手マスコミは、実際に、マイナンバー制度の問題点を批判することをもって、斉藤氏に反論して貰いたい…。





.
by kazuo_okawa | 2016-02-27 20:08 | 情報・プライバシー | Trackback | Comments(0)
羽生名人への挑戦者を決めるA級リーグ戦の最終日一斉対局。
注目の一日である。

ニコ生の中継が凄い。
A級10人の5局の対局を、画面上に5分割(正確には両対局者と将棋盤を映しているから10分割であるが)して同時に映しているのである。

解説は午後からと言うことだから、静かに進行している。
しかしそれぞれの対局者の様子や、戦型選択が興味深い。

なんと言っても注目は、挑戦者の可能性がある佐藤天彦八段と行方尚志八段の直接対局。

行方、初手76歩のあと、佐藤はなかなか指さない。
2分以上呼吸を整えて、34歩!
佐藤必殺の後手番横歩取りを思わす出だしである。

そして行方は受けて立ち、戦型は横歩取りに決まった。
いやあ、実に良い。
何故なら、佐藤はこの後手番横歩取りに圧倒的に強い。

さらに行方と佐藤の対局は佐藤の3戦全勝である。

この大事なときに行方が、相手の得意な戦法を受けたのである。

この心意気がいい!

おそらく佐藤の後手番横歩取りに勝利せずして、佐藤に勝ったとは言えないからであろう。
それは名人挑戦者にふさわしい棋士を決める闘いでもあるから
そこには高い志や、プライドもかかっている。

実に面白い!
この後の展開が楽しみである。



.
by kazuo_okawa | 2016-02-27 10:27 | 将棋 | Trackback | Comments(0)