人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2016年 01月 22日 ( 2 )

プランジャーなる言葉は耳慣れないが、要するに吸盤である。
トイレの詰まりを取り除く、棒の先に吸盤がついた器具が思い出されるが、その小型版が本作品の魔法のタネ。
このプランジャーを使って、選ばれたカードなどを当てるのである。

幾つか発表されたテンヨーの2016年新製品の中で、この「魔法のプランジャー」に驚いた。

ディーラーショップで現象を見せてもらったとき、磁石(マグネット)かと思ったが、実は、マグネットと違うのである。
そしてそのトリックを知って、その単純なことに驚く。
いやあ、まだまだ、こういうトリックがあるんですね~。

私は多いに感心したのだが、よく考えてみれば、これは私のある種のパズル的興味から感心したのであり、実は普通の客も、「トリックはマグネット」と思うとしたら、マジックとしてはどうなのだろうか…。

20日、たまたま堺の仕事の帰りに、パフォーマーズマガジン第2号に紹介されていた心斎橋のマジックバー「A-majide」に立ち寄り、マジシャン・やまと師のマジックに楽しませて頂いた。

幾つも不思議なマジックを見せて貰ったが魔法のプランジャーの見せ方にも感心しました。
これなら、マグネットの疑いを自然に消しますね。

私自身は、オープニングに見せて貰った一連のカードマジックが一番印象に残りました。
また、ミズディレクションにこだわっているというポリシーを聞くと嬉しいですね。
やまと師、見事です。
 


.
by kazuo_okawa | 2016-01-22 21:45 | マジック | Trackback | Comments(0)
週刊文春が「甘利大臣に賄賂1200万円を渡した」とのスクープを報じている。
賄賂を渡した側からの実名告発である。
なぜ、賄賂を渡した側が、自らも(賄賂罪の)犯罪者となりかねないのに告発したのか。

記事によれば、それは、賄賂を贈ったのに、甘利側が、数年もの間、金をとれるだけ取って何も動いてくれないからだという。
つまり、怒りに満ちて暴露したというわけである。

21日のテレビのニュースを見ていると、告発した側を「ゲスの極み」と批判していた自民党議員がいたが、こういうもの悲しいコメントは自らに跳ね返るだけだろう。

週刊文春の記事を読んでいると、「裏口入学詐欺」を思い出す。

有名大学に入学出来るように「口利き」してやると言葉巧みに持ちかけて、高額のお金を騙し取るのだが、無論詐欺師は何もしない。
(仮に入学できなくても、余りにも点数が悪すぎる、と言い逃れするのである)
甘利疑惑は、この「裏口入学詐欺」を思わせる。

裏口入学詐欺は、無論、裏口入学を求めた者は悪い。
しかし、その「何としても入学したい」という弱みにつけ込んで、大金を受取ながら何もしない詐欺師の方が、より悪いだろう。
甘利疑惑も同じである。

にもかかわらず、それを、告発した側を「ゲスの極み」と批判している。
まあ、これが、自民党の体質、いや安倍首相の体質かもしれない。

真相究明するのか、それとも安倍政権ナンバー3の盟友ながら「トカゲの尻尾切り」で早々に辞任させて収束を図ろうと画策するのか、実は、安倍政権が問われている…。


by kazuo_okawa | 2016-01-22 00:25 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)