人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2015年 09月 24日 ( 2 )

王座戦!佐藤天彦連勝!

王座戦第三局。
挑戦者佐藤天彦八段が勝利し、連勝。
これで、羽生王座の1勝2敗である。

そもそも佐藤天彦はもともと若手実力者であるところ、現在、順位戦も負けなしの全勝を記録するなど絶好調である。
そんな挑戦者であるにもかかわらず、王者羽生は三局とも全て挑戦者佐藤天彦の得意戦法を真っ向から受けてきた。
これがいい。
まさに絶対王者羽生である。
しかしながらさすがに佐藤天彦は強い。
佐藤2勝1敗と挑戦者が先行した。

羽生が先にカド番に追い込まれタイトルマッチとしては俄然面白くなった。

羽生ファンは、ここは何が何でも次は勝利第一の戦法をとってほしい、と思っているだろうが、私は、佐藤天彦の得意戦法を引き続き受けてほしい。

果たして羽生が第四局も佐藤天彦の得意戦法で立ち向かうのか、実に興味深い。

【9月30日追記】
本日行われた棋王戦挑戦者決定トーナメントで、佐藤天彦八段は、得意の後手番横歩取りで、強豪深浦九段に快勝した。
これでベスト4である。実に強い。
by kazuo_okawa | 2015-09-24 23:33 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
デイリースポーツ9月23日号を読んでいると、
須田慎一郎氏が「ニッポン総喝論」というコラムで
「先週までの熱気はどこへ-あのデモは国会と同じ”茶番劇”だったのか」と題して
デモが、法案成立後「ピタっと止まってしまった」と述べている。

ひどい記事である。
まあ、こんなことでわざわざ腹を立てる必要もないのかも知れないが、
日々仕事に追われ、ニュースをじっくり読む間も無い方はが、スポーツ新聞のこの見出しを見て、騙されるかも知れない。

見出しは、事実に反している。
デモは決して茶番劇ではない。

確かに、国会前は、相対的に静かになったろう。
当たり前である。
そもそもデモは、国会議事堂という「建物」に対してアピールしてきたのではなく、国会に集まる「国会議員」に対してアピールしてきたのである。
休祝日で国会議員がいなくなった、単なる建物前で、法案成立直前と同様に人が集まるはずはない。
しかもみんな、仕事や勉学を抱えているのである。
こんなことは誰が考えてもわかることであり、相対的に静かになっても言わば当然である。
そんなことを、まるでもっともらしく記事にする。

むしろ、ジャーナリストなら、法案成立後、全国的に抗議声明が相次いだことや、国会前でなくとも各地に抗議集会・デモが広がったことを報ずるべきであろう。

私のところに来たメールでも、色々な団体が、抗議声明を出していることが分かる。
(弁護士関係だけ、ブログで照会した通りである)

こういった事実を何ら認識することなく、単に、国会前の一つの現象を捉えて、「先週までの熱気はどこへ-あのデモは国会と同じ”茶番劇”だったのか」と報ずるのでは、もはやジャーナリストと言えない。

単に、デモを「茶番劇」としたい者への迎合記事と言われても仕方がないだろう。
by kazuo_okawa | 2015-09-24 22:54 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)