人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2015年 09月 23日 ( 1 )

毎週水曜日は、デイリースポーツのパズル面の河田智氏のコラムが楽しみである。
本日のコラムを読んでいると
「さる業界の名のある紳士がご自身のブログでボクのこのコラムとパズルをホメてくれているんです」「ガッツポーズをしてしまいました」とある。

私は河田ファンである上、また、ブログを発信している以上、賛否色々な意見を受けることがあるので、河田氏の本日のコラムは色んな意味でよく分かる。

私は常々述べているのだが、批判するのはいいが、いいときには褒めよう。
それが、その褒める対象者の力になり、それは褒めた人にとっても嬉しいはずだからである。

さてその河田氏の本日のパズル。
ナンプレは配置が見た目も美しい。
ナンプレは好きでいつも解くのだが、そのナンプレは無論のこと、久しぶりに、ナンクロも解く。
ナンクロというパズルをいつも解かないのは、ナンクロは、言葉の知識を問う側面があるからで、パズルファンとしては、時折<クイズとは違うぞ>と突っ込みを言いたくなる問題があるからである。
しかしその点河田氏は特殊な言葉を使わず、あくまでパズルの問題とするところが素晴らしい。
さて本日のナンクロ。
キーワードは、ユ・ウ・ヒ。
右下に、「ウ・A・ユ・ウ」とあり、これは、A=チと決めつける。
無論、ここで、チ以外の言葉は幾つもある。
例えば、羽球(ウキュウ)。
しかしこんな言葉が正解ならもはやパズルではありません。
その点、河田氏は信頼がおけます。
かくて、チュウカリョウリやチョウチンアンコウなど突き進み気持ちよく解けました。

とはいえ、途中、「B・ウ・リ・ヨ・ウ」の文字列に、私が将棋ファンでもあるところから、「投了」という文字列がつい思い浮かんでしまうんですね。
こういう引っかかりは、むしろ却って心地良いんですね。
つまりパズルは適当につまづくのが良くて、この「適度感」が河田氏は抜群なんですね。

かくて、問題の最終答えの5文字も浮かび出て、キーワードの「夕日」と美しく対応していることに気付くのです。

見事ですね。

河田氏には引き続き名作を発表し続けてほしいと期待しています。
.

by kazuo_okawa | 2015-09-23 18:32 | パズル・統計・数学 | Trackback | Comments(0)