人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2014年 07月 22日 ( 1 )

19年にわたって講義している龍谷大学法学部での私の講義「裁判と人権」の前期講義が終了した。
あとは試験だけである。

講義の最終日は、学生達の「アンケート」をとることになっている。
いつも興味深く、参考にさせて貰っている。

今年の学生アンケートの回答に、私の講義は「批判が多い」という批判があった。
この指摘は、例年にはないコメントである。
言われてみれば確かに、今年は授業で「安倍首相批判」をしていた気がする。

安倍政権は、集団的自衛権の「解釈改憲」や秘密保全法の制定などを強行し、
今「人権」は最大の危機に瀕している。

「人権」を語る今年の講義で「批判」が多いのは、言わば当然であろう。

一方、私は授業で「合理的に考えよ」「批判的精神をもって」とも
日々、講義している。

とすれば、「批判が多い」と、私に「批判」した学生は
私の授業をよく聞いている証でもあるし
ある意味で、批判的精神を身につけたともいえる。
私の講義の学生として、実にいい指摘である。

その批判的精神を、真に批判を向けるべき対象に、更に生かしてほしい。
by kazuo_okawa | 2014-07-22 22:08 | 大学あれこれ | Trackback | Comments(0)