人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2014年 02月 09日 ( 2 )

ロシアで始まったソチ・オリンピックの開会式に安倍首相が参加した。

アメリカ、イギリスなど欧米主要国の首脳は参加していない。
ロシアの反人権政策に反対してのことである。
ロシアは、昨年、同性愛宣伝禁止法を成立させたが
誰を愛するか、それが異性か同性かなどはそもそも個人の嗜好であり
国家が関与すべき事ではない。
それが「自由」というものである。
同法は「宣伝禁止」とはいえ、同性愛を否定的に見ていることは間違いない。
まさしく、少数者(マイノリティ)に対する人権侵害きわまりない。

欧米主要国首脳が、いち早く抗議し、ソチ・オリンピックの開会式に参加しなかったのは人権を尊重するという意思表示であろう。

私は、欧米主要国で、必ずしも人権が十分に守られているとは思わないが、明らかに少数者の人権が侵害されているとき、それに抗議し、その意を表すというのは一つの見識であろう。

逆に言えば、主要国の中で開会式に参加した日本と中国は世界でどのように見られるか。みんなが、反人権だと批判して欠席しているときに、のこのこと出て行くですから、普通は、人権に配慮していない、と取られますよね。

もっとも、安倍首相には、世界がどう反応するかとの視点は全くないのだろう。

靖国参拝では、周囲が反対したにもかかわらず、「自分の記念日」という個人的理由で参拝したのですからね。
むしろ、2020年オリンピックとも絡めて、「日本」「国家」を意識付けさせるチャンスだと思っていよう。
北方領土を巡ってのパフォーマンスをするチャンスだとも思ったろう。

同性愛宣伝禁止法を批判されたプーチンは、これは「人口減少策」だと説明した。
何やら、安倍首相の「少子化対策」を思わせる説明である。

「人口減少策」も「少子化対策」も必要かもしれない。
しかし、それは、国家が、個人の自由な領域である「家族の在り方」にまで口をはさんではいけない。

それは、個人の自由、個人の人権に対する国家の侵害である。

安倍首相は、国家主義、古い家族観など、プーチンと通ずるところが多いにあるに違いない。
by kazuo_okawa | 2014-02-09 18:57 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)
将棋朝日オープンの結果を知ろうとして
日本将棋連盟のホームページにアクセスする。
結果は、羽生の優勝であり、さすがに強い!
私が期待した豊島は準決勝で渡辺に敗れた。まだ早すぎたか…。

さてそのホームページを見ていると
2013年の賞金ランキングが発表されており、15年連続トップの羽生が
2位に後退し、1位は渡辺明2冠となっている。

将棋は7大タイトルあるが、その年誰が一番強いのかは、単にタイトルの数だけでは
一概にいえない。
将棋のタイトルの序列は、賞金額や伝統などから
竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖の順といわれているが
棋王、王将、棋聖の3冠をもっていても、竜王、名人の2冠の方が格は上であろう。
とすれば、賞金額がその年のナンバーワンと見ることはおかしくない。
現に、竜王は賞金額は4200万円で棋界最高であり、他の棋戦は公表されていないが、おそらく前述の順だろうといわれているからである。

将棋の棋戦は、タイトル戦以外の棋戦もある上、普通対局料もつくことから
勝ちまくるほど、賞金は増える。
竜王と名人をとれば(他のタイトルはなくとも普通にある程度は勝つだろうから)
賞金額は1億円はいくだろうといわれている。

とまあ色々と述べたが、15年連続賞金額トップを維持してきた羽生は文句なしに
強いのであるが、2013年に渡辺がトップになったというのがしっくりこない。
誤解無いように述べるが、これは、渡辺が強くない、と言っているのではない。
渡辺が、竜王を含む3冠のときは間違いなくナンバーワンであろう。

しかし、渡辺は森内に竜王を奪われ、2013年終了時は
森内が竜王・名人なのであるから、森内こそ2013年の覇者であろう。
とすれば、森内が賞金額トップに成ってもおかしくない。
それが渡辺というのが腑に落ちないのである。

調べてみると、竜王位の賞金は翌年に支払われるそうである。
それ故、森内の竜王位奪取は2013年賞金額に反映されておらず、
一方、渡辺は竜王位失冠しても前年の賞金が支払われているわけである。

ゴルフの賞金王のように、その年の獲得賞金額を総合計するという方がすっきりし、
その1位は、その年活躍した第一人者であることがわかる。
それこそ賞金ランキングの意義である。
つまり実際の賞金支払時期とは別に、対局時を基準にする方がわかりよい。
それを実際の支払い時を基準にするからわかりにくい。

2013年に債権が発生すれば、その回収が2014年でも
2013年の課税対象になるという税法理論からしてもおかしい。

まあ、税法理論を持ち出しても仕方ないですけど…。


【2014年3月4日追記】
「将棋世界」最新号(4月号)の「賞金ランキング」の記事に
竜王戦のタイトル料の支払時期の解説が出ていた。
疑問に思う人がいるからこそ、こういう解説が出ているということであろう。



.
by kazuo_okawa | 2014-02-09 01:48 | 将棋 | Trackback | Comments(0)