人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2014年 01月 31日 ( 1 )

棋士と記憶力

「神の領域に挑む者 - 棋士それぞれの地平」(鈴木輝彦・日本将棋連盟・2014年1月31日発行)を買って読む。

この著は、鈴木七段(当時)が、羽生、谷川、中原ら棋士にインタビューした著である。

私が興味を引いたのは、内容もさることながら、インタビュアー鈴木七段が、
インタビューに際して「テープを取らない」と述べているくだりである。
その理由はテープを取れば「ここだけの話」が出ないからということであるが
その理由の是非はさておき、鈴木は3時間くらいなら「覚えています」と言い、
しかもその記憶力を培ったのは、「将棋でフルに頭を使った効果だ」と説明している。

これは色々と考えさせる言葉である。

棋士が、将棋に関して、驚異的な記憶力を持っていることは間違いない。

日曜日のNHK杯戦で一局の将棋を終えた後の感想戦で、
司会の矢内女流四段が「お時間がありませんので、では、仕掛けの場面から」と言ったとたん、両対局者が、その場面をたちどころに「再現」するのには
誰しも驚くであろう。
棋士はこれほどまでに記憶力が素晴らしい。

そう言えば、刑事コロンボのとある作品で、犯人はチェスのチャンピオンであり、
そのトリックは、その犯人が、ちらっと目にした書面を一瞬にして記憶する
というところにあった。

棋士同様、チェスチャンピオンも記憶力が素晴らしいという前提に立っている。

しかし、将棋(チェス)の記憶力と、一般的なこのような記憶力は別だろう。

それはあたかも、弁護士の場合を例に取れば、打ち合わせ中、六法全書から
民法の所定の条文を指し示すのによく似ている。
この様子を見て、知らない人はあたかも条文を覚えているのかと思われるかもしれないが
決してそう言うことはない。
職業上よく六法全書を引くことから、およその場所を覚えているだけである。
つまり、仕事に関することは、しょっちゅう馴染んでいることから
その部分の記憶は(棋士なら将棋、弁護士なら条文の位置)強いのだろう。

というような事を、私は、以前は思っていたため、この鈴木説は意表をついた。

鈴木説が正しいとすると、棋士は将棋という限られたものであるとはいえ、
記憶し、再現し、ということを日々重ねていることから
将棋に限らず、全般に、「記憶する能力」が発達したということなのか。

考えてみれば、記憶術のひとつに、イメージ連想法がある。
A→B→Cという流れを
「AB」の場面を連想し、次に「BC」の場面を連想する。
そのことによって、A→B→Cという流れを記憶し、また、再現するという手法である。

将棋は一手一手に意味があるから、順次再現出来る。
同様に、インタビューも、答え手の発言から、連想して次の質問を発するなら
イメージ連想法と似た手法である。

いやいや、やはり、脳の中の記憶を司る分野が棋士の場合、発達しているのかもしれない。

それやこれや、鈴木説の理由を考えていると、大変興味深いのである。


.
by kazuo_okawa | 2014-01-31 23:29 | 将棋 | Trackback | Comments(0)