人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2013年 12月 29日 ( 1 )

12月26日、安倍首相が、憲法に違反し、
外交上の緊張を生むことを全く無視し、
専ら自分の事だけを考えて「公式参拝」をしたことは
とうてい許されるものではない。

そのことは既にブログに書いた。

26日夜、私は、別の訴訟の集まりにいた。
この日は、マスコミの方からも問い合わせを受けた日であったが
同日夜、中曽根靖国訴訟以来の原告団からも
携帯に電話が入る。

訴訟をするしかない、という、怒りの電話である。
あとの話は想像に任せる。

その後のニュースは、各マスコミとも、安倍参拝により、
外交上の緊張関係が増していることや、アメリカの「失望」などを
報じている。
「日頃は、『国益』を好んで国民に説く人だが
自分の思いのためなら『国益』を損なっても構わないというのか」
という、朝日の天声人語の指摘も言い得て妙で、実に正しい。

しかし、私が強調したいのは、公式参拝は何よりも
憲法違反だと言うことである。

これまでに、地裁、高裁で、違憲判決が出ており
最高裁判決もそのように読み取れるということを
私は、「法学セミナー」(2006年5月号)に発表している。

是非ともお読みいただきたい。

それにしても、これほどまでに憲法違反を重ねる首相は
かつて無かったであろう。
主権者は国民であり、憲法とは、主権者たる国民が
権力を預けた者に対して命ずるルールである。

このルールを無視したのでは、民主主義国家は成り立たない。

封建主義の「暴君」には、
直ちに、首相の座を降りて貰わなければ困る。
日本が真に民主主義の国であるならば。
by kazuo_okawa | 2013-12-29 01:03 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)