私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013年 08月 08日 ( 5 )

大阪弁護士会の会派の一つである
法友倶楽部の今夏のビアパーティのゲストに、
浪速のマジシャン・ルビー天禄師をお呼びした。

師は、私の、学生時代からのマジシャン仲間、言わば盟友である。
彼はプロになったが、ずっと応援している。

ビアパーティでも、160名強の参加者を相手に
素晴らしいマジックを披露していただいた。

彼は、キタ新地でマジックの店を2軒構えている。

競争の激しいこの業界で、2軒とも成功させていることは
驚異的ですらある。

成功の秘密とも言うべき彼の工夫は、
同じマジックを繰り返し見ても
耐えられるスタイルを確立したことであろう。

言わば、同じ落語を繰り返し聞いても面白いように
それをマジックに織り込んだのである。

それがどういうものかは実際に見ていただくしかない。

私自身の好みからすれば
ややくどい気がしないでもないパフォーマンスもあるが
日夜、酔客を相手にしていれば
それくらいが丁度なのであろう。

新地の「ワンオーシックス」
是非、のぞいてほしい。

【追記】
残念ながら、その後、ワンオーシックスは閉店された。今は、バーノンズバーだけを営業しておられる。

.

[PR]
by kazuo_okawa | 2013-08-08 23:30 | マジック | Trackback | Comments(0)
先に「 従業員は朝礼の唱和を「拒否」できるか?」という
ブログを書いた。

弁護士ドットコムの取材を受け
私のコメントが、弁護士ドットコム上に出ているのだが
判例中心の解説であるため、それに対して、
批判が出ているので、私がその感想を述べたものである。

そもそも
①法律問題の予測は、まず判例中心にならざるを得ない
②ドットコムの編集上、字数は限られている
③ドットコムはその取材目的に合わせて、取材対象者の
言葉をチョイスする

従って、私の考えが100%全て出るはずはない。
当たり前である。

こういう取材方式が問題だというのなら
それはそれで別問題であるが、
限られた範囲の中で「素っ気ない」と言われても
何とも言いようがないのである。

先に日経ビジネスの取材についてもこの
ブログに書いたが、そのときは、実際の取材時間は
かなりのものなのに、私のコメントはわずか二言である。

その二言自体は間違いでないが、私の言いたいことの
100%でない。
このときは誰からも批判を受けていない。
二言が私の発言の全てと誰も思わないからである。

今回も全く同じである。

私を支持する(というか、批判はお門違い)という
連絡も受けてほっとする。

どんなときでも批判する人はいるし、
嬉しいことに、私に理解を示してくれる人もいる。

一昨日、依頼者の方から「弁護士の仕事はストレスがたまるでしょう」と
聞かれましたが、支持してくれる方(無論、それは多くの依頼者が中心です)
がおられるため、結果として、ストレスが解消されているのでしょうね。
[PR]
by kazuo_okawa | 2013-08-08 20:07 | 労働 | Trackback | Comments(0)
弁護士ドットコムから取材を頼まれた。

そして、ドットコム上で自分の記事を読む前に
私への批判がメール上で流れていることを知る。

いわく「そっけない解説でお茶を濁している」など。

どんな法律相談でもそうであるが
どのようになるかの見通しはまず判例に依拠しなければない。

例えば、いくら配転に関する判例が厳しいと思っていても
配転事件の見通しを尋ねられたときは
東亜ペイント事件に依拠するであろう。
それと同じである。

ドットコムが、字数制限の中で、読者に必要と思う範囲で
編集する(私の言葉をチョイスする)のであるから
どうしても判例中心とならざるを得ないだろう。

私自身決して最高裁判例を支持している訳ではないが
そういう読まれ方をするのであれば
今後は、「判例批判を載せてくれないと
取材に応じない」とするのが
正しい方針なのかもしれない。
[PR]
by kazuo_okawa | 2013-08-08 11:37 | 労働 | Trackback | Comments(0)

脳天唐竹割り

8月3日付けの朝日新聞を読んでいたら
次のような言い回しが出ていた。

「(主役スターの)脳天唐竹割りなせりふがスパークした」

凄い表現である。

単に「そのせりふが頭に響いた」といった表現ではあき足らず
最大級の表現をしたということであろう。

しかし私が驚いたのは「脳天唐竹割り」という言葉が
普通につかわれたことである。

しかもプロレス記事ではなく、映画評のところで
何ら注釈なく普通に使われているのである。
しかも、天下の朝日新聞である。

とすれば「脳天唐竹割り」という言葉はすでに
一般的に認知されているのか、といささか感動したわけである。

ご存知ない方も少なくないでしょうが、
脳天唐竹割りとは、今は亡きプロレスラー・ジャイアント馬場の
得意技であり、空手チョップを垂直に振り下ろし
相手の脳天にたたき込む技を言う。

あたかも手刀で唐竹を割るかのごとき技というわけである。

時に馬場は、この脳天唐竹割りをジャンプして行う。

空手チョップを振り下ろすエネルギーに、ジャンプによる重力が加わって
その威力は倍加するといわれており、プロレス・アナウンサーは
ここで絶叫するのが、お約束である。

しかし、ジャンプした空中で腕を振り回しても、体の、作用反作用で、
どの程度、力になるのかは物理学的には不明であるが、
プロレスは物理学を超えた楽しみを与えるものであるゆえ
こんなことを言うのは野暮というものであろう。

まあ、ともあれ、朝日新聞のその
脳天逆落とし的な記事にエルボースマッシュしたわけである。
[PR]
by kazuo_okawa | 2013-08-08 01:20 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)

試験・ラストメッセージ

大学で若い人たちに講義するのは楽しい。

学生からのどんな質問でも、こちらにとって勉強になる。

とはいえ、唯一、大変なのが試験の採点である。

最近は、学生の異議申し立て制度などがあるが
そういう制度のあるなしにかかわらず
一所懸命に書かれた答案には、こちらもきちんと応えたい。

そしてそれと同時に、多くの学生との間では
この試験の採点が、おそらく「お別れ」でもある。

無論、何年かたって「大川先生の講義を聴きました」と
出会う人もある。
これはこれで嬉しい。
いやあ正直なところ、実に嬉しいのです。

しかし、多くの学生とは、おそらく今後出会うことは
まずないであろう。

そう考えると、採点は、最後のメッセージでもある。

ラストメッセージ。
とうてい、おろそかに出来ない。
[PR]
by kazuo_okawa | 2013-08-08 00:31 | 大学あれこれ | Trackback | Comments(0)