人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2013年 05月 26日 ( 2 )

「東西ミステリーベスト100」を選ぶための「私のベスト10」
海外物1位には「シャーロックホームズの冒険」とした。

海外物は、21世紀にこだわらず、シンプルにいこうと考えたからである。
そういう考えなら2~4位もすぐ決まる。
クリスティ、クイーン、カーである。

作品が難しいが、
「アクロイド殺し」「レーン最後の事件」「皇帝のかぎ煙草入れ」とした。

「アクロイド」に説明はいらないであろうが、
「レーン」は異論があるかもしれない。
なんと言っても「Yの悲劇」が素晴らしいからである。

しかし私は、鍵を握る言葉の翻訳がどうにも
気に入らない、のである。
この言葉こそ、事件の「謎」を生むと同時に
意外な真相を暴く手がかりでもあるのだから。

とはいえ私が読んだのは、翻訳本であったため、どうしても印象が悪い。

時間があれば、翻訳論も含め、いつか論じたい問題である。

「レーン」を選んだのは4部作全体の構想の評価である。

「皇帝」はカーの雰囲気でないために
読後感が良かった。

私の5位以下は次の通りである。
「さらば愛しき女よ」(レイモンド・チャンドラー)
「構想の死角」(リンク&レビンスン)
「興奮」(ディック・フランシス)
「黄色い部屋の謎」(ガストン・ルルー)
「魔術師」(ジェフリー・ディーバー)
「復習法廷」(ヘンリー・デンカー)

ブラウン神父を選ぶか迷ったが、コロンボを選んだ。
コロンボは今でも時折見る。
「殺人処方箋」「魔術師の幻想」も好きである。

ディーバーとデンカーはどうしても入れたかった。
かくて私の海外ベスト10は決まった。
.

by kazuo_okawa | 2013-05-26 22:25 | ミステリ | Trackback | Comments(0)
朝日新聞の吉浜織恵記者から電話で取材を受けた。

万引き犯を捕まえた店がその犯人の顔写真を
店に掲載し、1万円の罰金を店に払わないと
ずっと写真掲載を続けるという。
そこに法的な問題点はないか、という質問である。

商売をしておられる経営者が万引きに悩まされる話は
よく聞き、それはそれで大変だなと思うが
だからといって何をしても許されるというものではない。

「私は万引き犯だ」とした顔写真を掲載するのは
プライバシー権・人格権の侵害にあたる。
それは例えば、事実であっても「あの人は前科者だ」と
言いふらしてはいけないのと同じ。
無論、万引き犯はそれなりの責任をとらなければならないが
私的リンチは許されず、損害額も被害者が一方的に
決められるものではない。

というようなことを電話で数分間喋ったら
5月25日付夕刊で要領よく
まとめられていた。
さすが新聞記者である。

実は朝日の夕刊記事を読んで初めて「鮮魚店」の事案と知った。
また、万引き犯をみつけた通報者に1万円払う、ということも。

刑事事件における重罰化と並んで
リンチ(私刑)化、相互監視化がじわりじわりと
広がりつつある、と私は感じている。
この事案はその兆候ともいえるだろう。
by kazuo_okawa | 2013-05-26 12:39 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)