人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

内閣人事局の濫用

テレビのニュースを見ていると
自民党総裁選に立候補した菅義偉官房長官は、内閣人事局に見直すべき点はないと明言し、また政権の決めた政策の方向性に反対する幹部は「異動してもらう」とも強調したという。

森友・加計学園事件はどう考えても法治主義に反する「公私混同」で、「行政を私物化」するものとしか思えないが、公文書を改ざんしてでも「アベノ疑惑」から安倍首相を守ったものは「出世」し優遇され、一方、「総理のご意向」文書を明らかにしたり「不当な行政」を告発したり異を唱えたものは徹底的に攻撃される。

この手法を定着させたのが安倍政権であり、「安倍継承」をうたう菅官房長官である。

「異動してもらう」とは、要するに「左遷」させるという意味であろう。

つまり、官僚は、「合法違法、政策の一貫性・公平性・公正性」など一切考えるな、とにかく官邸の言うことを聞け!と宣言しているかのようである。

「モリかけ桜」の反省はどこにもなく、これからは、「第二のモリかけ桜」が表面化してこない危険性すら考えられる。
恐ろしい話である。

トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/29178760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2020-09-14 07:07 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)