人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

他人事の報道

8月6日、安倍首相は約1か月半ぶりに「記者会見」を開いたという。
しかしその内容は、事前通告の4問に限られ、その答えを、例によって原稿読みの『朗読会』である。

何でこんな「記者会見」が許されるのか、と思うのだが、この日の『朗読』終了後、安倍首相に質問しようとした朝日新聞記者を、官邸報道室職員が記者の右腕をつかんで制止したという。

無論、朝日新聞は抗議したが、他社はどうだったのだろうか。
どうも一緒に抗議したとの様子は窺えない。

7日付け毎日新聞は「朝日新聞の質問『腕つかみ制止』」との見出しのもと、ごく小さな記事はあるが、内容は「同社によると」とあるように、まるで他人事である。
毎日新聞記者は、その場にいなかったのだろうか。

そして本日、朝日新聞は、菅官房長官が「腕をつかんでいないと報告を受けている」と述べた、と続報記事を掲載しているが、本日の毎日新聞にはもはや記事はない。

そしてこの続報記事、質問機会を奪っていることが問題であるのに、菅官房長官は論点を矮小化して答えている。

そしてそもそも一国のリーダーが、実質的な記者会見を開かなくて、良いのだろうか、と思うのである。


トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/29129693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2020-08-08 07:44 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)