人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

何故主権者に説明しないの?

週末、一週間をまとめたニュースを見ていると、安倍首相が1か月間答弁に立っていないことがそこかしこで報じられている。

このニュースをみていると、この国は民主国家なんだろうかとつくづく思う。
選挙で安倍首相に一時的に「権力」をゆだねたのは、何をしてもよいという、中世の絶対君主のような権限を与えたのではない。

主権者は国民であり、国民の負託を受けて国会が形成され、国会が内閣総理大臣を指名する。

いうまでもなく首相は、国民の代表たる国会に説明する責任がある。

しかし安倍首相は、民主主義の根幹たる主権者たる国民(の負託をうけた国会)をずっと無視しているのである。

これは安倍首相の政策(アベノマスク、アベノコラボ、アベノGOTOトラブルなど)がどうのこうのという話ではなく、それ以前の「主権者の負託」を忘れているでしょう、という話である。

安倍首相が、国会の意義や、三権分立、憲法の意義をわかっていないことはどうでもよい。

マスコミ、メディアは安倍首相のこの姿勢自体を大きく批判してほしい。


トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/29111423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2020-07-26 17:02 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)