人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

稲田氏の言う「説明」とは…

河井克行・案里夫妻や菅原一秀前経産大臣など疑惑まみれの自民党議員が、
当初言葉ではきちんと説明すると述べていながら、
その後実際は国会を休み倒し、そして何ら説明はしていない。

さて1月26日朝にNHK日曜討論を見ていたら、
稲田朋美氏が自民党幹事長代行の立場で出演し、冒頭、
疑惑議員について「政治家個人が説明するのは当然のこと」とさらっと述べていた。

これは要するに「自民党としては何もしない」というに等しいが、
そもそも「政治家個人が説明するのは当然のこと」と稲田氏が述べるのは一体どういう意味なのか。

この人は、かつて数々の問題を起こしてきた。

南スーダン事件では、「日報隠し」を否定し、
また事実を捻じ曲げる「衝突」表現など繰り返した。
森友事件では稲田氏は弁護士であり、実際は、
右翼森友学園と「ズブズブ」(安倍首相が感情的に反発したあの「ズブズブ」)の
関係でありながらその代理人をしていたことを隠していた(のちに証拠を示されて「記憶違い」と弁明)。
教育勅語を現在でも教育の場で使えるとの違憲発言した(教育勅語自体が違憲である)。
さらには、都議選応援演説で、「自衛隊としてお願いしたい」との中立を逸脱する違法発言を行った。

まあ、色々あったが、批判されて稲田氏は言葉の上では色々と喋ってはいたが、問題性は認めない。
責任もとらない。

稲田氏がNHKで述べた「説明」とはこういうことなのか、と疑ってしまうのである。
.


トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/28817777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2020-01-26 14:25 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)