人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

藤井七段敗れる!

第69期王将戦の挑戦者を決める王将リーグ戦は、7人による総当たりで行われ、広瀬章人竜王と藤井聡太七段の2人がここまで共に4勝1敗で首位に並び、両者の最終直接対局が挑戦者を決めるという、まるで絵にかいたような組み合わせとなった。

プレミアムの解説は藤井猛九段。

藤井聡太七段がその戦型を角換わりでは無く、矢倉を選択したとき、解説藤井九段は唸った。
ここ一番の重要な対局に十八番の得意戦型を使わなかったからである。

しかし対局は、広瀬竜王の勝利。

ツイッター等のファンの声をみても、各局の一般ニュースをみても藤井七段の勝利を期待する雰囲気があった。
それはもしも藤井七段が勝利して王将戦の挑戦者になれば、数々の最年少記録を打ち立ててきた藤井七段が、この初タイトル挑戦者年齢においても最年少新記録を塗り替えるからであった。

こういうアウェイ感のある中を勝利する広瀬竜王も素晴らしい。
思えば、昨年の竜王戦も100タイトルを目指す羽生九段とのタイトル戦はアウェイ感があったろうが、その中で広瀬竜王は勝利している。

見事としか言いようがない。

藤井七段の敗北を残念がるファンは多いだろうが、実は,
私は正直これでよかったと思っている。

それは藤井七段は将棋史に残ることは間違いない棋士であり、そうであるならば初タイトル挑戦を受けるタイトルホルダーは、永世名人(ないしその候補者)であってほしいと、私は、思っているからである。

渡辺三冠には悪いが…。
,


トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/28707385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2019-11-19 20:25 | 将棋 | Trackback | Comments(0)