人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

素晴らしい逆転無罪!

冤罪として名高い弘前事件で東大法医学の権威古畑教授が、血液型ABO式におけるB型の出現割合は21・7%、同じようにMN式,Q式,E式の出現割合から、B・M・Q・E型の出現確率は1・5%であるところ、殺人現場の血痕と被告人の血痕がともにB・M・Q・E型であるところから、両者が同一である確率は98・5%とし、これが有罪の決め手となった。

しかしこれは統計学的に誤りで、出現確率が1・5%としても、そういう血液型の持ち主が例えば10人いれば、犯人である確率は10分の1となる。

裁判官も騙されるこういう誤った「確率」はアメリカでは「検察官の誤謬」として知られているが、日本では注目されていないために、私は裁判における統計の誤りについて「数学的刑事弁護」(浦功編著「新時代の刑事弁護」成文堂・所収・2017年)と題して発表した。

さて昨日10月25日に大阪高裁で逆転無罪判決が出た「揺さぶり暴行死」事件。
「乳幼児揺さぶられ症候群」という乳幼児を強く揺さぶって起こるとされる脳損傷は3兆項から推認される(従って虐待した)として一審大阪地裁裁判員裁判判決は有罪としたが大阪高裁はこれを逆転無罪としたのである。

秋田真志主任弁護人は私もよく知っている優秀な刑事弁護人である。
無罪を勝ち取られたその努力には心から敬意を表する。

そして判決を書いたのは村山浩昭裁判長。
これまた私と同期で優秀な裁判官である。
私はまだ判決全文を読んでいないが、確率論にも言及しているという。

つまり「乳幼児揺さぶられ症候群」を3兆項から推認するのは確率論からしても誤りだということであろう。

この村山裁判長は著名な袴田事件でも再審で無罪を下した裁判官で、拙著「ホームズ!まだ謎はあるのか?」(一葉社)の冒頭に引用させていただいている。

色々な意味で興味深い逆転無罪判決である。


トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/28665117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2019-10-26 08:34 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)