人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

中年の星、王位初奪取!

豊島将之王位(名人)が2連勝したとき、まず間違いなく王位防衛と思っていた。

先手番の豊島王位が第3局に先手番矢倉を選択したときも(矢倉は最近では、後手番急戦策が優位と言われている)敗北したものの、名人のある種の余裕だろうと思っていた。

それは名人が伝家の宝刀角換わりを採用しないことも…(結局、第5局、7局ではこのエース戦法を持ってきたのであるが…)

豊島王位を応援してきたものとしては、棋聖の失冠に続く、王位の失冠であり「タイトルは防衛してこそ一人前」と言われる中、豊島時代を築くにはいささか気になる。

しかもこの最終局、ニコ生プレミアムのタイムシフトを見ていると、79手目、豊島王位が62歩としたときに逆転している。
72の金にひもをつけた52飛を遮断するもので、素人目には辛い手だと思ったが、ここからが良くなかったのである。
慎重にいき過ぎたと言えなくもない。

残念であるが、これからも頑張ってほしい。

一方の、挑戦者木村一基九段は46歳であり、初タイトルは悲願であった。
しかもこれまで、タイトル挑戦6回で「この1局に勝てばタイトル奪取」の一番で8連敗している。

「解説名人」といわれ人気のある棋士だけに、今回だけは木村乗りも多かった(まだ20台の豊島王位にはこれから幾らでもチャンスがあるというわけである)。

木村九段の揮毫は、その生き様の通り、「百折不撓」(何度失敗しても、その志を決して曲げないこと)である。

いくら失敗を重ねても決してめげてはいけない。
木村九段の王位奪取は、負け続けているものに勇気を与えるものであることは間違いない。
.


トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/28594275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2019-09-26 23:13 | 将棋 | Trackback | Comments(0)