人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ノワールをまとう女

第65回 江戸川乱歩賞 受賞作たる神護かずみ氏の『ノワールをまとう女』を読む。

裏の帯文句は
「新ヒロイン登場!
自宅は大久保の雑居ビル。冷蔵庫にはビールと栄養ゼリー。
日課はトレーニング。音楽はオールディーズ。話し相手はAIのユキエ。
仕事は、企業のトラブル請負人。服は黒尽くめ――。」とあるように
なかなか興味深い舞台設定である。

新人登竜門たる賞には数々あるが、乱歩賞は大抵の場合、当たりはずれはないと思っている。
今回も面白く読めた。

【以下、少しトリックに触れています】

基本的ストーリーは、主人公が依頼された仕事を引き受ける中で、謎と事件に出くわす。
そして、本格ミステリの定番ともいえる、錯綜するストーリーとある人物が同一人物というトリック。
そして登場人物の出自に関する謎…。

こう書けばわかる通り、主人公が男性であれば、かつて読んだ本格ハードボイルドのようである。

それがある種の安心感をもって読めるのかもしれない。

市民団体のリーダーがハンドルネームで呼ばれていることから、多分、ある人物なんだろうな、とある種の「お決まり」で進んでいくのも心地よい。

しかも、帯文句の通り、舞台設定は極めて新しい。

乱歩賞作品は、読み終えたあと選考委員の選評を読むのが楽しみであるが、
京極夏彦氏の評する「古い器に新しい食材を盛る手つきは堂に入っており、一種のピカレスクロマンとして読める」
という評に全面的に共感する。

お勧めである。

【追記】
とこう書いたが、趣向を新しくしていながら昔からのトリックとなれば、<新しい器に古くからなじんだ食材を盛る>とも言えるのではないだろうか…。
.


トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/28587406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2019-09-22 18:42 | ミステリ | Trackback | Comments(0)