人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

森友事件の本質!

国民の財産たる国有地を、安倍首相夫人た安倍昭恵氏が名誉校長を務める学園に激安で売り渡したというのが「森友事件」である。

つまり、国民無視、お友達優遇、そしてそれらを隠すための隠蔽・改ざん…。

ところが、籠池氏が真実を語りだしたために、その「口封じ」のために籠池夫妻を逮捕・勾留したのではないかといわれているのが「籠池刑事事件」である。

しかし籠池氏が実際に行ったのは「補助金」の不正取得にすぎない。
つまり「補助金適正化法違反」である。

一方、本質的に、巨大な違法をしていた、近畿財務局職員をはじめとする公務員らを検察は起訴しなかった。
これではあまりにもバランスを欠く。
そこで「大きい」事件として、籠池夫妻を「詐欺」で起訴したのである。

その刑事事件の公判が昨日開かれ、籠池氏が本人質問を受けた。
それを報ずる29日付の主要5紙の見出しは以下の通りである。

(朝日」起訴内容の大半否定
(毎日)籠池被告 虚偽申告「反省」
(日経)「報告無かった」 詐欺の故意否定
(読売)籠池被告一部不正認める
(産経)国の補助金書類見ていない 籠池被告、押印は認める

大きく全体の「森友事件」から見たとき、籠池氏の刑事事件だけ報ずること自体がどうかと思われるが、仮に裁判を報ずるとしても、この作られたと思われる「詐欺事件」の認否が重要だろう。

「一部不正を認める」などというのは、本質から目を背けさせる。

またこの日の法廷で、籠池氏は「安倍首相から100万円もらった」ことも供述している。

学園と安倍首相の関りという意味で大きな意義を持つ「事実」であるが、この供述を報じているのは「朝日」だけである。

残念である。
森友事件では、どうぞその本質を報道してほしい。
.


トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/28545669
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2019-08-29 13:12 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)