人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

若者の投票率を上げるために

19日のNHKの「ニュースウォッチ9」を見ていると、若者の投票率の低さを伝え、投票率を上げる為の「工夫」について報道していた。

しかし本質的な解決策では全くなく、小手先のアリバイ作りに過ぎない。

若者の投票率が低いのは当たり前である。
この国の若者がどのような教育を受けて成長してきたかを考えると自明だろう。

本来は、教育段階で「主権者教育」しなければならない。
多様性を認め、表現の自由を尊重して、互いに意見交換することが民主社会にとって必要且つ重要であり、主権者にとって選挙は必須であることを教えなければならない.
しかし、この国は真逆である。
個人の意見をおさえるように、まわりに合わせるように、そして選挙の意義など教えないままに教育する。

これが「同調圧力」に従うような人間を生むことは明らかだろう。

また、メディアを含む「社会教育」も同じである。
タレントが政治的意見表明をすると叩きつぶし、そのことによって、まるで政治的意見表明はしない方が良い、というメッセージを流し続けている。

こんな中で誰が、選挙に関心を持つだろう。

NHKが本当に、若者の投票率の低さの問題を取り上げるなら、こういう本質的な問題を取り上げないとおかしいだろう。
.


トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/28472092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2019-07-20 00:45 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)