人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

うまい比喩!

6月5日付朝日新聞コラム「天声人語」が実によい。

我が国の殺人事件は約5割が家族間で生じているが、だからといって「家族は、殺人に手を染めかねない犯罪予備軍である」と述べたら「何をばかな」というだろう。

これは「ひきこもり」が児童殺傷事件を起こしたことに対して、「ひきこもり」がまるで殺人予備軍であるかのような差別的な見方に対する見事な「天声人語」の批判である。

そもそも「ひきこもり」が殺人するわけではない。

その批判を、分かりやすく伝える見事な比喩である。

思えば、下手な比喩はいくつもあった。

「友人の麻生君が喧嘩でやられていたら助けるの当たり前でしょう」とか
「隣家が火事になったら消すでしょう」とか、そもそも本来の議論を違うでしょう、というのが幾つもあった。

下手な、というか、最初から、騙す比喩である。

改めて安倍政権のひどい比喩を思い出す。
.

トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/28366479
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2019-06-06 00:40 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)