人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

弁護士キャスターとは何なのか

出かけに出勤の用意をしながら羽鳥慎一モーニングショーを見ていると、
元農林水産事務次官が長男を自宅で殺害した被疑事実で逮捕されている事件にふれ、キャスターたちが各々意見を述べていた。

驚くべきは弁護士キャスターの発言である。

ツイッターで被害者が統合失調症であったと出ていたと述べ、それを前提に意見を述べていたからである。

あたかも、<統合失調症が引きこもりで、殺人事件を起こす>ととられかねず差別を助長しかねない上、そもそもツイッターに出ていたというだけで憶測でものを言うこと自体がどうかと思われる。

玉川徹氏がそれを批判して激昂していたが当然である。

本来は、弁護士こそが、差別を助長するな、憶測でものを言うな、という指摘をするべきであるのに、逆である。
憶測だけで差別を助長しかねない真逆の発言をするとあってはあまりにも情けなすぎる。

以前、若一光司氏の激昂について述べたブログ(5月11日)でも取り上げたがワイドショーにおける弁護士キャスターの役割は何かと思う。

所詮、テレビでは「弁護士」の役割は期待されていない、と言ってしまえばおしまいだが。
.


トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/28361275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2019-06-04 12:43 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)