人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

敗者高見叡王の涙!

将棋の第4期叡王戦七番勝負の第4局は11日、広島県廿日市市で指され、挑戦者の永瀬拓矢七段が高見泰地叡王に132手で勝ち、シリーズ4連勝で叡王を奪取し、初タイトルを獲得した。

4勝0敗の結果に特に驚くこともなく、実力的に見て予想された結果であろうと思われる。

ニコ生で見ていたが、解説渡辺明二冠はいつもの通り明快である。
「龍の価値を重く置かないんですね」(渡辺二冠)など、「負けない将棋」永瀬新叡王の思考もよく分かる。

驚いたのは終局後、高見叡王が涙で固まったことだ。

最近は、対局現地で解説会が開かれ、対局終了後に対局者がファンの前に姿を見せて挨拶をする。
その挨拶の場で、高見叡王は言葉にならずいったんは姿を消したのである。

まずは司会役の山崎隆之八段は敗者に気遣って慎重に述べていた。
「対局を終えられてすぐというのは、我々も対局するので分かるのですが、終えられた直後というのは…。まあ、叡王戦というのは大舞台なので、ファンの皆さんも応援してくれますし、大舞台はなかなか出ることが出来ない。僕なんかも出てないし。…」
しかし高見叡王はいったん引っ込む。
「まあ、これは初めてで…。そうですね。勝負の直後と言うことで…」とつなぐと
高見叡王が再び出てきて大声援。
そして、涙の挨拶となるのである。

勝負の世界は、負けて悔しいものだが、しかしどんな超一流棋士でも2~3割は負ける。
負けて悔しくとも、人前で涙するというのはまず見ない。

ここが高見叡王の人気のゆえんなのか…。

見ていた渡辺二冠の解説。
「珍しいシーンでしたね。高見さんはファン思いの棋士で、応援してくれるファンの為に勝ちを目指すということを常々述べておられる方ですから、ストレート負けという結果が人一倍悔しかったのでしょうね」

「山崎隆之八段は、結構言葉を選らんでいましたね。でも結局、何が言いたいのか分からない」
渡辺節は健在である。
.

トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/28300676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2019-05-12 14:21 | 将棋 | Trackback | Comments(0)