人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

国民主権と象徴天皇制

この間の、一連の改元報道を見ていると、この国の主権者は一体誰なのかと、改めて思う。

圧倒的な、天皇報道。
節目節目で出てくる安倍首相。

天皇制の在り方や何故一連の儀式を国事行為とするのかなどという本質的な議論はほとんどなく、現状肯定的に大量に垂れ流している。
そして「改元発表のショー」を始め、改元を政治利用する安倍首相。

そもそも主権者は私たち国民で、天皇は何ら権限を持たない象徴に過ぎないし、ましてや「首相」にいたっては、一時的に権限を預けたにすぎない人物である。

彼に、元号を決める権限など与えていない。

にもかかわらず今回の改元は、むしろ安倍首相の意向だったことが、徐々に明らかにされつつある。

この改元ムードで、「モリかけ」を始めとする一連の「お友達」優遇・不公正政治、さらには重なる「文書改ざん」などの嘘まみれ政治がごまかされてしまうとしたら、余りにも情けない。

真に、天皇と象徴天皇制を愛する人たちなら、この「改元」が、安倍首相の不公正・嘘まみれ政治をごまかすことに利用されたことを、心の底から安倍首相に抗議すべきだろう。
.

トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/28272601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2019-05-01 20:42 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)