人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

本音発言の上、それを取り消す!

安倍政権になってから何度見た光景だろう。

閣僚などが、本音の発言をする。
それが問題として指摘される。
すると、発言を撤回して謝罪する。
罷免しないのかと聞かれた安倍総理も「本人が撤回して謝罪しているから罷免しない」と述べる。

これで終わりである。

こんなことが何度も繰り返されてきたが、
まるでデジャブ現象のように起こったのが、塚田一郎国土交通副大臣の忖度発言である。

内容は、安倍首相と麻生太郎副総理兼財務相の地元の道路整備を巡り、塚田副大臣は1日に北九州市で開かれた集会で、「悪夢の民主党政権で凍結されていた」案件を「首相や麻生太郎副総理が言えないので私が忖度した」と発言したというものである。
安倍首相の地元の下関市と、麻生氏の地元の福岡県を結ぶ道路整備で便宜を図ったと受け取れる発言である。

ところが塚田氏は、批判を受けて、2日に撤回し謝罪した。

そして安倍首相も罷免しない。

こんなことを許して、まともな社会になるのでしょうか!

名誉棄損発言をした犯罪者が「撤回して謝罪する」
万引き犯が「万引きしたものを返して謝罪する」
これで何も責任を問われずチャラ!
安倍政権のしていることは、これと同じでしょう。

これでいいんでしょうか!

良心的な自民党支持者にこそ、本当に考えてほしい。
.


トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/28158984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2019-04-04 00:04 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)