人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

2018年度の藤井七段

将棋の対局も2018年度を終えようとしている。

2018年度の最優秀棋士は、豊島将之二冠か渡辺明二冠のいずれかだろうが、メディアを多く占めたニュース性、スター性棋士は藤井聡太七段であることは違いないだろう。

さてその藤井七段の年度最終局が3月27日に行われた。

帰宅後、Abemaをつけて見てたが、竜の横に只捨てする、あの62銀は強烈な一手であった。
こういう華やかな一手を指しこなすところに、その魅力とスター性がある。

対局は藤井七段に不利な状況ながら、いつもながらの「怪しい手」を炸裂する。
そこで出たのが、逆転に導く銀のタダ捨てなのである。

最後は、藤井七段の駒台に駒が一つも残らない見事な詰め!

Abema解説の阿部健治郎七段も佐藤和俊六段も驚いてはいたが、二人ともおとなしいタイプであり、表現が柔らかい。
もしも解説が米長邦雄永世棋聖や加藤一二三九段であったなら、あの「羽生マジック」を絶賛したように(「羽生の52銀」や「あれ!あれ!これ頓死ですよ」などなど)もっとその凄さを強調していたであろう。

そう思うと解説の役割というのは非常に大きい。

この日、昼間、地上波テレビも藤井七段を(みろく庵閉店のニュースと共に)特集していた。
閉店間際のみろく庵はこの日も将棋ファンで長蛇の列であったそうだが、昼食に、藤井七段が勝負飯として「肉豆腐定食」を注文すると、店にいた将棋ファンはこぞって「私も」「私も」と肉豆腐定食の同じ注文が相次いだという…。

いやあ、凄い。
.

トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/28139216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2019-03-28 18:27 | 将棋 | Trackback | Comments(0)