人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

豊中国有地行政訴訟第12回口頭弁論報告

木村真豊中市議の代理人として提訴した情報公開行政訴訟。
いわゆる森友学園に国が激安で払い下げたその売買契約書の開示を求めたところ一部「黒塗り」だったのでその非開示の取消を求め、その後、一転開示されたことから、国家賠償請求に切り替えた訴訟である。

その第12回口頭弁論期日が12月18日に行われた。

本日は森友事件の立役者木村真市議の尋問とあって傍聴席は文字通り満席。
実に嬉しい。

手続きは、まず当方の書証籠池泰典氏の陳述書を提出。
内容は、国側の非公開の理由としている森友学園側が非公開と求めたというのは、実はまず近畿財務局から非公開にできると水を向けたのであり、籠池氏には隠す理由はないというものである。

そして本日のメインイベント、木村真氏の尋問である。

- 10年以上前からこの国有地を含む土地を豊中市は利用を希望していたことから市議としてよく知っていたこと、結局豊中市は半分しか取得できなかったがその値段は平米15万円。そしてそれは本件豊中国有地とかわらないこと。(この後は有名な)「瑞穂の國記念小学院」を目にして、色々と調べるくだりを経て、そして池田氏とのやり取りへと進む。
池田氏が慎重な言い回しであったこと、そして最初から「非公開」を示唆していたことを述べる。また森友学園が望んだことも池田氏は述べていたと証言する。そしてゴミのないこと等の証言を経て、本件事件の本質に即した判決を求めて締めくくった。

被告国側からの、木村氏に対する反対尋問は無し。

さて今後の進行について、池田靖証人について、国側は病気を理由に証人採用すべきでない、との意見書を出していた。

私が法廷で意見を述べる。
「池田氏が休職していない以上『証人不採用に賛成』というわけにはいかない。かといって、本当に重症なら(ここまで追い込んだのは誰かという問題はあるが)証人採用せよといいう意見を言うわけにはいかない。但し、このような事態を踏まえて籠池氏の証人採用など柔軟に再考願いたい」

しかし裁判長は、「一旦採用の方向を示したが、必要性、証人採用した場合の影響その他総合的に判断してやむをえず池田証人は採用しないこととしました。籠池証人も従来通り採用しない」と述べた。

かくて次回は最終準備書面の提出として結審の予定である。

次回は2019年2月19日午前11時、202号法廷です。
文字通りの最後になる。
本日のように満席で埋め尽くしていただきたい。
.


トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/27717840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2018-12-18 21:42 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)