人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

繰り返される暴挙!

ここまでくれば、もはや「安倍政権らしい」というしかない。

即ち、民主主義・法治主義・三権分立をないがしろにする安倍手法である。

27日の衆院法務委で与党は入管法改正案を強行採決した。
この法案は審議時間が15時間強で野党の質問にほとんどまともに答えず、しかも内容は「白紙委任」。

安倍政権は、特定秘密保護法、安保法、共謀罪、カジノ法案、働き方改革と次々と強行採決してきたが、その国会軽視ぶりが益々ひどくなってきた。

これに対し自民党も安倍首相のなすがままで、二階俊博幹事長などは「国会の会期には限りがある。やむを得ないと思っている」と話したというからとんでもないことである。

こんな理屈が通るなら、最初から、国会会期を短く設定して「会期には限りがある」と言って強行採決をすればいいことになる。
実にバカバカしい。

こんな二階発言に良識ある自民支持者はどう思っているのだろうか。

そもそも安倍首相自体が、森友事件の追及や、「不適材不適所」の大臣任命責任を問われることを恐れ、国会会期を短くしたのではなかったか!

そして28日から参議院に回されたが、そこでの安倍首相の答弁は本当に国会と国民を馬鹿にしている。
早口棒読みの上、質問にまともに答えず、質問に答えていないとの再質問にも、また同じ文書の早口棒読みを繰り返す。
これは答弁でもなんでもないだろう。

繰り返される暴挙には、諦めず繰り返し批判するしかない。
.

トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/27688522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2018-11-29 00:06 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)