私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

9・11集会、立憲野党への期待

リスペクトの政治を作る大阪弁護士有志の会主催で
9月11日にドーンセンターで集会を開く。

立憲野党5党によびかけ、
立憲民主党・尾辻かな子衆院議員
日本共産党・清水ただし前衆院議員
社会民主党・服部良一元衆院議員
自由党・渡辺義彦氏
の4氏に参加頂いた。

国民民主党平野博文議員には出席の返事を頂きながら、党の事情で急遽欠席となったのは残念である。
党の事情とはいえ、ドタキャンは残念という声は少なからずあった。

急な呼びかけにもかかわらず多数集まって頂いたのは主催者として嬉しい。

安倍改憲にどう取り組むかが主たるテーマだが、会場からの鋭い質問がいい。
<具体的に参議院選挙で野党はどうするのか>
<地位協定に何故取り組まないか>
<反緊縮松尾説について>など興味深い。
各党濃淡あり、勉強になるが、
私自身は<最初から野党1党に絞る必要はない>
<地位協定は見直しを>
<松尾説支持>である。

相変わらず清水氏と渡辺氏は笑いを取るのがうまい。

印象に残ったセリフ。
「自民党総裁選はレベルが低い。正直・公正・石破茂がスローガン。これが安倍さんに対する個人攻撃だというのだから、安倍さんは、偽造・ねつ造・安倍晋三」(清水)
「安倍さんは、全くトランプのポチ・ペット、即ちトランペット」(清水)
「憲法は権力者を縛るもの。悪いことせんようにするもの。その権力者、悪いことをするもんがそれを縛る憲法を変えようとするのやから、もっと悪いことするのに決まっているやないですか」(渡辺)

笑いを取りながら、ポイントをつくのは見事である。
.


[PR]
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/27548768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2018-09-14 16:37 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)