私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

障害者選挙権訴訟第5回口頭弁論報告!

公選法の「改正」により自己の望むヘルパーの代筆が禁じられたその「改正」公選法は違憲だと問う訴訟。
7月18日は、その訴訟の第5回口頭弁論期日である。

この日は原告準備書面5陳述である。
私がこの準備書面の内容の要旨を述べる。

今回の準備書面は全体で約20頁の書面である。
第一に、請求の趣旨について、(かなり技術的な話であるが)原告としては特定している、と考えていることを述べる。
第二に、投票の方法を決める立法の憲法適合性の判断基準について、平成9年最高裁判決を引いて投票の秘密の優越性を主張している。
第三に、改正公選法が憲法15条4項違反であることを、この項は詳細に主張している。
簡単に言えば、被告国の考え方は憲法が保障するのは「投票権」だけであり、投票の方法(代筆投票など)は補償していない、というものである。
しかしそんなことはないと反論している。
私たちは投票権は秘密投票と一体となったものであり、法律で「自書方式」をとったなら、自書能力のないものにはそれを補う措置(代筆)が当然取られるべきである、と考える。
それは当然、秘密投票と一体となった投票権であるから、秘密投票を守るためには「自己の望むものによる代筆」でなければならない。
その点を、障害者基本法が定める「合理的配慮」や、公選法が「投票補助者の立ち入りを許容していること」などから裏付けている。
第四の確認請求、第五の国賠の主張は被告国の主張に対する反論である。
そして最後に、先の豊中市長選で、中田氏が自己の望むヘルパーで実際に投票できたとい主張である。原告が自己の望むヘルパーで代筆投票ができたのであり、しかも、このことによって何ら支障も、公正を欠くという事態も生じていない。

以上の要約を私が述べたのち、裁判長が私たちに尋ねる。
まず前回の主張の整理(準備書面4)が前提かと確認し(私はそうであると答える)、今回の国賠の主張で「立法後3年」の意味はと聞く。
私は、主位的に「立法行為」が違法行為だが、予備的に「3年」の主張をしている、と答える。これは書面化することになった。(2週間以内)

さらに裁判長は、特定について、原告のお立場は理解したが、余計な争点を作らないという意味でここは「特定してほしい」と述べた。
従ってこれも書面化することになった。(こちらは8月末まで)

被告国はこれらを受けて、9月25日までに反論する。

さてその後、弁護士会館で報告集会。
裁判の報告を質疑を行った。

次回期日  2018年10月1日午後3時~
次々回期日 2018年12月19日午前11時~
いずれも大阪地裁大法廷(202号法廷)です。

次回以降も引き続きご支援お願いします。
.

[PR]
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/27421946
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2018-07-21 08:27 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)