私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

安倍首相、またしても嘘つきか!

6月27日の朝日新聞朝刊4面に、ごく小さな記事であるが次のように興味深い記事が報じられている。

「米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)所属のF15戦闘機が今月墜落した事故をめぐり、安倍晋三首相は先に国会で「飛行中止を申し入れた」と答弁したが、実際には日本政府として飛行中止を求めていないことが26日、防衛省への取材で分かった。
 事故は11日に沖縄県沖で発生し、パイロット1人が重傷を負った。防衛省が米側に安全管理と再発防止策の徹底を求め、米側は2日間、F15の飛行を停止した。これに関し、首相は25日の参院予算委員会で「(飛行)中止についてわれわれが申し入れを行い、(米側は)2日間ではあるが中止した」と語った。」

もしも朝日の報道の通りなら、安倍首相はまたしても、平然と嘘をついたことになる。

米軍が独自に中止したのにあくまで自らの手柄のように言い切っているのであり、朝日の防衛省への取材がなければ、この嘘もまかり通っていたことになる。

「息を吐くように嘘をつく」と言われるゆえんである。

しかしこの間、安倍首相が、明らかに嘘と思える事実を述べても、周りが、事実を変えていく。
「モリかけ」は代表例だろう。

あるいは最近でも、6月20日夜、安倍総理は、麻生副総理らと都内で会食し、同席した衆議院予算委員会の河村委員長が、安倍総理の会合での発言として「(首相は)『予算委員会お手柔らかに』『もう集中審議は勘弁してくれ』と述べた」と内容を明かした。
 この発言に野党が激しく反発したところ、河村氏は翌21日、発言内容を一部撤回した。
 つまり『勘弁してほしい』という言い方のものは一切なかった、と撤回したのである。

<あったことを「ない」ことにする>
これが安倍政権の手法である。
防衛省も忖度して撤回するのだろうか。

それよりも怖いのは「首相の嘘」という大問題を、これまであまりにも「大きな嘘」(と思える状態)が続き、この程度では大したニュースにならないことだ。
それがあまりも怖い!
いや恥ずかしい!!
.
 

[PR]
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/27363500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2018-06-27 20:39 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)