私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

陸自日報と隠蔽の姿勢!


朝日、毎日の4月3日付朝刊の一面はいずれも<「不存在」の陸自日報発覚>である。

またしても公文書管理の問題であり、安倍政権下で何度繰り返すのかと言いたい!

これはまさしく安倍政権そのものの責任である。

先日の参議院予算委員会で自民和田政宗議員が太田理財局長に対して「(あなたは)アベノミクスをつぶすため、安倍政権をおとしめるために意図的に変な答弁しているのではないか」と責め立て、太田局長が憤然として「いくら何でも、いくら何でも…」と3回も繰り返して否定した。この場面はテレビでも何度も放映され「行き過ぎた質問ではないか」と却って和田議員が批判された。
するとどうだ。
自民党の申し入れで、この質問は後日議事録から削除されたという。

さらに週刊金曜日1178号の記事によれば、福島瑞穂議員が安倍首相を追及して「官僚、職員に刑法犯を犯させてまで守ってもらったんでしょう。佐川さんなどがもし改竄をしていたのであれば、あなたを守るためですよ。総理を守るための書類の改竄でさらに人が死んでいるのですよ。政治的、道義的責任があるでしょう」と質問し、安倍首相は「すべて決め付け」と反論したらしいが、問題は、後日、自民党側から「憶測に基づき、決め付けで判断している」という理由で議事録からこの部分の削除を申し入れているということだ。

都合が悪いことは<ないことにする>

これが安倍自民党の姿勢なのである。

公文書管理の問題も、この安倍自民の姿勢が反映されたものだろう。

安倍政権が責任をとって総辞職し、新政権が公文書管理を徹底する。
そのようにしなければおよそ近代国家と言えない。

【4月4日追記】
今朝の朝日新聞を見れば「批判を受けたら議事録削除? 最近、国会でそんなケースが相次いでいる。だが、議事録は、発言した政治家の資質や発言のきっかけになった政治的背景を知るための材料で、史料としての価値がある。そもそも、一度出た言葉は簡単には取り消せないもの。削除は安易すぎないか。」 
という興味深い記事が出ていた。
「失言」の削除も無論のこと、本文の福島議員の質問の通り、自民にとって都合が悪いことを隠すのが大問題である。

.


[PR]
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/27177230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2018-04-03 21:14 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)