私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

名人戦の挑戦者は羽生竜王!

佐藤天彦名人への挑戦権を決めるA級順位戦で、前代未聞の六者プレイオフとなった。
パラマス方式なので順位最下位の豊島八段は五連勝しなければならず、最上位の稲葉八段は最終戦に迎え撃つだけでよい。
そういう状況下で、豊島八段は三連勝したものの、四回戦で羽生竜王に敗れ、そして21日最終局は、その羽生竜王対稲葉八段の決勝戦となった。

相がかりで序盤から慎重に駒組が進むが、Abemaとニコ生の両解説がアマチュアにはわかりやすくて良い。

羽生竜王54手目32角に稲葉八段が同馬と応じて、せっかくの馬を消してしまうのがどうなのか。
さらに羽生竜王の60手目、54角に稲葉八段が45金と受けた瞬間、ニコ生のAIが、それまで優勢だった稲葉八段から、一気に羽生竜王に触れた。
つまり、稲葉八段の悪手である。
郷田九段らの解説も逆転という。

つまりこの玄妙な、54角は「羽生マジック」なのだろう。
羽生竜王はそのままミスなく押切り、挑戦権を得た。

う~ん、強い!

Abema解説の斎藤慎太郎七段は、先の羽生・豊島戦を評して、「豊島さんに悪い手はなかった。羽生さんの懐の深さを示した一局だった」と評したが、ここ一番に強い、さすが羽生としか言いようがない。

豊島八段、稲葉八段と関西の誇る強豪を連続して蹴散らすのであるから言葉が出ない。

100タイトル目が、伝統の名人位というのもあまりにも出来すぎている。

佐藤天彦名人は最強挑戦者にどう応ずるのだろうか。

将棋界の一番楽しみな季節。
春は名人戦!その春がやってくる!

.


[PR]
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/27151334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2018-03-21 22:54 | 将棋 | Trackback | Comments(0)