私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

森友事件の本質!

財務省の文書改ざん問題で、安倍政権は佐川元理財局長の責任で終わりにしようとしている。

しかし、森友国有地激安売却において、「改ざん」して削除されたのは、安倍昭恵夫人の関わりや「本件の特殊性」と表現された内容である。

誰がどう見ても、本件の激安は「特殊」であり、そのようにしたのは安倍昭恵夫人が関わっていたからであり、そして削除する改ざんをしたのは、安倍首相夫妻を守るためであろう。
これ以外の理由があるなら、安倍首相は「丁寧に」説明してほしい。

では何故、安倍昭恵夫人は、森友学園籠池理事長の小学校の名誉校長を引き受け、森友学園の意を汲んで「特殊」な扱いを求めたのか。
それは、籠池理事長が作ろうとするその教育の中身は、まさしく安倍首相の進める教育勅語中心の愛国心教育と同じであったからである。

皆さんは覚えておられるであろう。
ネット上流された、森友学園が経営する塚本幼稚園で、幼気な園児たちが教育勅語を暗唱する姿を。

多くの国民は不気味に思ったその光景を安倍昭恵夫人は涙した。
安倍首相は「妻からよい教育と聞いていた」その教育がこれなのである。

森友事件の本質は、安倍首相が進める教育勅語を中心の愛国心教育の小学校に、法律をねじ曲げてあり得ない便宜を図ったという事件である。

私はマスコミの方から、森友事件の本質は何ですか、と聞かれることがある。
私はいつもこのように答えているのだが、なかなかこういうコメントは掲載してもらえない。


.



[PR]
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/27136001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2018-03-14 00:37 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)