私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

オリエント急行殺人事件!

クリスティの名作の映画化である。
早速、連れ合いと見に行く。

原作そのものがミステリ史上に残る名作である。
クリスティについては、学生時代(京大ミステリ研で)よく議論したものである。
ポアロの謎解きの手法も含めて「本格派」と言えるのか。
フェアなのか。
この作品は欠陥でないのか…。
要するにミステリ史上に残る数々のトリックを駆使してきたので、その分、議論を生んだと言えるだろう。

私自身は少々アンフェアでも面白ければ良いと思っているし、そして、クリスティはどれも面白い。
さすがに「ミステリの女王」と呼ばれるだけの事はあると思っている。

フェアかアンフェアかというのは、ミステリの醍醐味である「結末の意外性」に、「説得力」を持たせられるかどうかを、別の観点から論じているに過ぎない。

そのようなクリスティ観なので、映画化は極端でない限りどれも面白い。

本作は、ポアロ像がどうとかを聞いたが、まあ、受け入れられるポアロ像である。
それどころか、映像はきれいであり、私には大いに楽しめました。

ただ、豪華な役者には、別の作品のイメージが強すぎたりしたのだが、ジョニーディップはさすがである。
改めて超一流の役者と関心したものである。

素晴らしきクリスティ!


[PR]
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/26275037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2017-12-19 01:22 | ミステリ | Trackback | Comments(0)