私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

花田昌宣証人、証言決定!

私たちが闘った水俣病関西訴訟原告のうち,水俣病であるという行政認定を受けた方2名がチッソから補償協定締結を拒否された。
そこでこの認定患者2名のご遺族が,2014年12月8日,チッソとの補償協定上の権利を有することの確認を求め,大阪地方裁判所に提訴した。
その訴訟もいよいよ大詰めである。

本日、大阪地裁は、花田昌宣熊本学園大学教授の証人採用を決めた。

2016年12月14日午後1時30分から。
大阪地裁1009号法廷である。

花田教授は学生時代から、水俣病患者の掘り起こしや支援をしてこられた。
1994年熊本学園大学社会福祉学部教授、そして1999年4月には、熊本学園大学社会福祉学部教授に著名な原田正純先生を迎え、水俣学研究センターを作る。
2002年から原田先生ともども「水俣学」の講義を始めるなど、花田教授は水俣学研究の第一人者である。

「水俣学」の成果は、日本評論社から、「水俣学講義」として発刊されている(現在第5集まで既発行)。
本日は、書証として、その一部を提出したが、その第5集の帯文句がいい!!

「チッソと行政の傷害・殺人事件を、生涯を賭して告発し続けた医師・原田正純は、2012年6月逝去した。
患者に学び、寄り添い続けたその意志は引き継がれていく。」

意志を引き継ぐ花田昌宣。
その花田教授の証言であり、きわめて注目される。

1009号法廷の傍聴をぜひ満員に!



.
[PR]
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/24700585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-10-05 15:41 | Trackback | Comments(0)