私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

東野圭吾「禁断の魔術」文庫版を読む

このたび発売された東野圭吾の文庫版「禁断の魔術」は、2012年に発行された単行本「禁断の魔術・ガリレオ8」所収の「猛射つ」(中編)を、基本はそのままに、内容を膨らませて長編化したものである。

先に単行本を読んでいても、十二分に楽しめるところが、さすが東野圭吾である。

文庫本(長編)冒頭は、単行本(中編)にない、ホテルでのエピソードから始まる。
あたかも「マスカレード・ホテル」を想起させるとともに、いきなり登場する女性が「瓜実顔で、大きな目がやや吊り上がっている」。
いいですね。
東野ミステリによく出てくる「目の吊り上がった美女」パターンである。

長編化している分だけ登場人物への心理的共感は深くなる。

真相を解明するためのきっかけは、文庫本(長編)の方がいいだろう。
読み手にとって、長編化すれば最初の方のストーリーを忘れがちだが、このインパクトのある手掛かりは印象に残るからである。
こういう細かいところもうまい。

考えてみれば、古くは森村誠一の「新幹線殺人事件」などを始め、
ミステリの世界では、既に発表した自己の短編を長編化することがある。
それは、その短編の構想に作者として思い入れがあるからだろう。
だからこそ東野圭吾自身、文庫本の帯で、「シリーズ最高のガリレオ」と断言している。

最終場面は、映画「ジャッカル」を思わすサスペンスである。
映像化が期待される作品と言えるだろう。

(本稿は2015年6月にアップしたものをうっかり削除したため再掲です)



.
[PR]
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/24275657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-04-04 11:43 | ミステリ | Trackback | Comments(0)