人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

シャーロック・ホームズと綾辻行人

2月21日、日本シャーロック・ホームズ倶楽部関西支部例会221回記念を楽しむ。
その特別ゲストに綾辻行人氏。
対談の聞き手は私、聴衆はシャーロキアン。
しかも紳士淑女の集まりであり、知的ユーモア溢れる人たちばかりである。
楽しくないはずがない。

綾辻氏は、ミステリ界の重鎮であり、マジックの造詣も深い。
ミステリ談義に、マジック談義、綾辻氏のお陰で、一日、濃密で楽しい日を過ごさせて頂いた。

綾辻氏のツイッターに早速この日のことをあげて頂いているのは嬉しい。

しかしそこにさりげなく書かれた「取材」の言葉の意味を嗅ぎ取れる人は少ないでしょうね…。

シャーロキアンの集まりに何故、綾辻行人氏か。
無論、ミステリファンが多いこともある。
しかし、それだけではない。
1887年、コナンドイルが「緋色の研究」を発表し、シャーロック・ホームズが誕生した。
丁度その100年後、1987年、綾辻行人が「十角館の殺人」でデビューした。

何と100年の時間差を経て、ミステリの歴史に残る作品が発表されたのである。





.
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/24161842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-02-23 00:59 | ミステリ | Trackback | Comments(0)