人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

トリックハンターを見る~種明かし番組を逆手にとった憎い演出!

一週遅れであるが、録画していた「トリックハンター」(2月10日放映)を再生して見た(マジック部分だけ)。
トリックハンターは、まあ言ってみれば、トリックの種明かしを楽しむ番組である。
他の分野は関心はないが、マジックに照らせば、基本的には種明かしをすべきではないと私は思っている。

一方、マジックの実演の中には種明かしを織り込むコメディマジックもある。
こういうジャンルはすでに確立されたものであり、それはそれで面白い。
問題なのは、この限界(というかある種の良識)を超えた種明かしである。

ときおり見られるテレビのマジックの種明かし番組には不快に思うことも少なくない。
(私は過去、とあるマジシャンを批判してブログに書いたこともある)

トリックハンターは過去にもスーパースローカメラがマジックを撮影し、再現をスローにすることでトリックを見破るという企画をしている。

2月10日放映の出演者は、ドクター・レオンとマジック・ナポレオンズ。
両者とも、マジック界の良識派であり、マジシャンの種明かしに一家言もっており、しかもその発言は信頼おける。
それゆえ興味を持って録画を見たがさすがである。

「種明かし番組」を逆手にとったような演出は見事であり、お二人(いや正確には3人)に拍手を送りたい。

結局、スーパースローカメラでトリックが見破られるのは、ドクターレオンが一つ、マジックナポレオンズが二つであるが、まあ、見破られてもこれは許容範囲だろう。
というか、見破られるマジックをわざわざ用意したわけである。
そして、ドクターレオンは、スーパースローカメラでも見破れないマジックとして、コインマジックとカードマジックを披露している。

見事である。
これぞプロだろう。

放送当日のボナ植木師(ナポレオンズの一人)のブログには
「秘密の暴露は蜜の味、なのだ。
が、私達はその一線は越えない」とマニアにとって嬉しい発言をしている。




.
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/24150054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-02-18 23:18 | マジック | Trackback | Comments(0)