私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

海外にマイナンバー制度はあるのか!

知り合いから知らされた「番組」である。

テレビ朝日 の「羽鳥慎一モーニングショー」という番組の中に「そもそも総研」というコーナーがある。
そこで2015年10月29日に放映された「マイナンバーにあたる制度は海外ではうまくいっているのだろうか?」という特集がわかりやすい。

同番組によれば、先進国G7では使われていないか、うまくいっていない。

ドイツでは、番号をつけること自体が憲法違反とされている。
ナチスがユダヤ人に番号を付けて虐殺したという歴史的背景もある。
フランス、イギリス、イタリアではこういうナンバー制度は使っていない。

イギリスは一度、番号制度を設けたが、後に廃止した。
費用対効果が悪い、テロ対策の効果が薄いからである。

アメリカ、カナダには似た制度はあるが、日本と違って強制ではなく、任意である。
とすると日本のように強制的に番号を割り付ける制度はG7にはないのである。

ではなぜ行うのか。
黒田充氏(大阪経済大学非常勤講師)によれば、社会保障費の削減であるという。
石村耕治氏(白鵬大学大学院法学研究科教授)は事業の創出が目的だという。つまり公共工事と同じように事業が目的だという。

以上が番組の主な内容であるが、非常に分かりやすい。

「そもそも総研 マイナンバー YouTube」で検索するとすぐに見られる。

こんなマイナンバー制度は、イギリス同様に直ちに廃止すべきであろう。

みんなが、おかしい、間違いだと思ったら改める。
これが民主主義というものである。
[PR]
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/24007576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2015-12-30 21:58 | 情報・プライバシー | Trackback | Comments(0)