私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

メールで送られた訴状!?

私の事務所の事務員さんたちが、笑いながら「新手の詐欺メールが来た」と話し合っている。

何事かと聞けば、次のような手法である。

まずメールで訴状が届く。
内容は,WEBサイト利用代金35万円の未回収代金の請求であり、その様式はもっともらしく「支払い督促」の形をとり東京簡易裁判所の文字も見える。

そして引き続いて次のようなメールが来る。

「詐欺罪で告訴される._可能性もあります。
事件番号:(ハ)2626-19号
訴訟取り下げ最終期日通知日より48時間以内です。
この度、貴殿の登録したサイトの未回収料金について契約会社及び運営会社から、民事事件として訴状の手続きが開始される事を通知致します。
尚、裁判後の措置として裁判所による執行証書の交付後、給料差押さえ、及び動産不動産の差押さえを、判所執行官の立ち会いのもとで、強制執行させていただきますので予め了承下さい。また、財産隠匿の恐れがあると認められた場合は調査機関に依頼し近親者やご職場、ご近所にお客様名義での調査を入れさせて頂く可能性も御座います。
訴訟取り下げ等のご相談に関しましては、ご本人様からのみお受けしております。
退会処理を行うことで、即時訴訟の取り下げ等が可能となっておりますの。必ず、上記の訴訟取り下げ最終期日までにお問い合わせ下さい。(以下略)」

民事の訴状、刑事告訴の脅し、と二重の脅しを加える手法である。

かつては同種の「葉書」が大量にまかれたこともある。
裁判所の文書らしく装った「封書」という詐欺文書もあった。
しかし、本物らしくすればするほど詐欺師に取っては費用がかかる。
かくて安上がりのインターネットを利用したわけである。

しかし、どこから見てもインチキである。
私の事務所の事務員さんにとっては、笑い話にすぎない「一服の清涼剤」であるが、WEB利用の覚えがあり、加えて訴状送達の仕組みなど裁判の実状を知らなければひょっとすれば引っ掛かるかも知れない。

しかし、訴状がメールで届くことは決してありません。
怪しげな文書は無視するのが一番です。
どうぞご注意下さい。

【9月3日追記】
このブログへのアクセスが多い。
詐欺に引っかからないよう少しでもお役に立てば嬉しい。


.
[PR]
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/23394186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2015-07-08 21:55 | 法律相談・法律の話題から | Trackback | Comments(0)