私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

統一地方選と大阪都構想

統一地方選挙前半戦が終了した。

私が推薦したり応援したりした候補者は2勝2敗である。
全国的には札幌市長選以外は野党は振るわなかった。
とりわけ民主の退潮に歯止めのかからない状況であるが、大阪でも壊滅的敗北である。
野党が振るわないことによって、自民などの「改憲派」が結果として多数をとることは、まさしく平和憲法の危機であり、何とかしなければならない。

得票率の低さも大いなる問題だろう。
入れるべき候補者がいないこと、自らの票が生きないこと、いずれも選挙制度が真に「民主主義」になっていないことの反映でもある。

また、大阪での最大の関心事である、大阪都構想をめぐっての維新と他党の闘いは、拮抗しているものの、府議選で過半数をとれなかった橋下・松井としては決して勝利とは言えないだろう。

大阪都構想の問題点自体は「大阪都構想が日本を破壊する」(藤井聡京都大学教授・文春新書)に詳しい。

藤井教授は都構想を批判し、「京大をなめてもらっては困る。弾圧には絶対に屈しない」などと発言するなど、ネット上で話題になったが、その同教授が問題点をまとめた同書は一読の書である。

維新にとって、数年がかりの「都構想」が、実は「大阪市がなくなるだけだ」という「現実」がだんだん明らかになるにつけ、推進派はこれ以上伸びる可能性はないと思われる。
とはいえ、まだ拮抗状態にある以上油断は出来ず、さらにその内容を広めていくことが重要だろう。

大阪弁護士会の集会(4月30日午後5時半~。大阪弁護士会館)はすでにブログで告知したとおりですが、私もパネリストとして参加する緊急集会を下記の通り開催します。

ご多忙中でしょうが、是非、ふるってご参加ください。

               記

5・17「大阪市解体・分割」住民投票を考えるシンポジウムのご案内

拝啓 春たけなわの項、皆様にはご健勝にお過ごしのこととお慶び申し上げます。
 大阪市は今、5月17日の住民投票を目前に控え、危急存亡の事態に直面しています。3月13日の大阪市議会、17日の大阪府議会の議決によって、大阪市の5分割案が住民投票にかけられることが正式に決定になったのです。
 この5分割案については、マスコミを通じて、二重行政の無駄の廃止や、大阪都実現による抜本的改革等のメリットがまことしやかに流されていますが、大阪府が大阪都になるわけでなく悪質な世論操作以外の何物でもありません。5つの特別区が担う国保、介護、水道等の事業費だけで6000億円以上の負担増であり、大阪市の政令指定都市としての財源と権限が大阪府に吸い上げられ、特別区は2200億円の税収を失うのです。大阪市民にとっては改革どころか自治を奪われ百害あって一利もないのです。
 しかし、マスコミ報道等だけでは本当の事実関係が明らかになっているとは言えず、住民投票の行方は予断を許しません。歴史と伝統のある大阪市を守り、みんなの力で再生するべく、5月17日の住民投票で大阪市解体反対を多数の力で実現するための集いを下記のとおり企画しました。多数の皆様のご参加を心からお願いする次第であります。                                        敬具

日時   2015年4月18日(土) 14時~17時
場所   國民会館  大阪市中央区大手前2-1-2     電話06-6941-2433
地下鉄天満橋駅徒歩3分 京阪天満橋駅徒歩6分 
名称   5・17「大阪市解体・分割」住民投票を考えるシンポジウム
次第 シンポリスト    大谷 昭宏(ジャーナリスト)   
 同         薬師院仁志(帝塚山学院大学教授)
同         白井  聡(京都精華大学准教授)
同         大川 一夫(弁護士)
司会        辻   惠(弁護士)
参加費 資料代1000円

【4月14日追記】
ブログを書いたあと、13日夜、テレビで維新のコマーシャルを見る。
う~ん。
楽観的な見通しは間違いである。
巨額マネーのイメージ戦略は大きな影響を及ぼすだろう。
こういう手法自体も本来批判されねばならない。
[PR]
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/22953874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2015-04-13 18:49 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)