私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

「集団的自衛権」を認める暴挙~5/17弁護士会集会に結集を!

本日の朝日新聞によれば、安倍首相の私的諮問機関、いわゆる安保法制懇が
「他国を守るために武力を使う集団的自衛権の行使は憲法9条の定める『必要最小限度』の自衛権の範囲内だとして、憲法解釈の変更を迫る」報告を出すという。

一見「有識者」の報告のように見えても、もともと、安倍首相が解釈改憲するために招集したメンバーの報告であり、茶番としか言いようがない。

朝日新聞の見出しは「憲法より安保優先」「国の最高法規骨抜き」と有り、
この評価は全面的に正しい。

天声人語は次の通り指摘する。
「(集団的自衛権を)使うためには条文の改正が必要だ。歴代内閣がずっとそう説明してきたのを、時の首相の一存で、ひっくり返す。まともな法治国家のすることだろうか」

無論、まともな法治国家ではない。
「無法国家」であり、あまりにも恥ずかしい。

この事態を受けて
大阪弁護士会では
5月17日(土)午後1時から、大阪弁護士会館にて、
「解釈改憲を許すのか~9条と集団的自衛権」と題する市民集会を開催します。
気鋭の憲法学者、青井未帆学習院大学教授に基調報告をして頂き
「解釈改憲」について、賛成派、反対派に正面から議論してもらう予定です。

マスコミ各紙が報道せざるを得ないほど
会館が溢れんばかりに集まって頂きたいものである。
[PR]
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/21993735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2014-05-14 23:04 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)