人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「悪いことをしないようになっています」

弁護士会は、今国会に提出された派遣法の改正案に反対している。
それは、今回の改正案は、
常用代替防止の原則を放棄し、派遣を事上完全に自由化するもので
そのことにより、不安定で低賃金な派遣労働者が増えてしまう、ことにある。

弁護士会は反対声明を挙げるとともに
地元の自民党国会議員に廃案の要請に行っている。
秘書が対応したらしいが、要請に行った弁護士のその報告が興味深い。

先週対応したとある自民党議員秘書は、法案の内容をあまり理解していない様子の上、
「派遣社員に教育訓練の機会を与え正規雇用化をめざすことになっている。」と
述べたという。

教育訓練は、今回の自民党の宣伝文句ゆえに、秘書もその点はきちんと知っているわけである。

しかし、教育訓練の機会を与えることになっても、正規雇用は義務づけられるわけでない。
そもそも、正規雇用に伴う負担を免れるために、派遣制度を利用している使用者が、進んで正規雇用するとは考えにくい。

いやあ、そもそも、この秘書の発言は何なのだろう。

かつて、派遣法は、その導入時に
「常用代替」としないことになっていた(国会決議)。
しかしそれは公然と破られた。

「常用代替しないことになっています」
「派遣は、原則は認められないことになっています」
「派遣は、13業務しか認められないことになっています」…。

派遣の歴史は、違法を繰り返した歴史と言って良い。

「派遣社員に教育訓練の機会を与え正規雇用化をめざすことになっている。」
こんな言葉を誰が信じ得ようか。
さんざん騙された相手から
「悪いことをしないようになっています」と言われて
そんなこと信じられますか。

いや、それ以前に、派遣は、抜本的に改正するしかない。

(ご案内)
法律家8団体の呼びかけです。
日時:2014年4月14日(月)18時半より
場所:エルおおさか エル・シアター(800名収容)
講演:①法律面について 萬井隆令・龍谷大学名誉教授
   ②国会情勢について 棗一郎弁護士(日本労働弁護団)
   ③その他、当事者からの発言、各団体からの決意表明など
  
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/21887364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2014-04-13 15:52 | 労働 | Trackback | Comments(0)