私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

豊島将之七段にインタビュー

本日、「月刊大阪弁護士会」(5月号)の巻頭インタビュー記事として
将棋の豊島将之七段にインタビューした。

「月刊大阪弁護士会」とは、大阪弁護士会の月刊誌であり
とかく全体的に堅くなりがちな会報を読みやすくするために
「オピニオン・スライス」と題して、各界の著名人にインタビューをしている。
そして、その分野での活躍ぶりなどをお話し頂くとともに
弁護士・弁護士会についてコメント頂くというスタイルであり、
結構、好評の連載コーナーなのである。

豊島七段は、知る人ぞ知る、棋界若手のホープであり、つい先日の将棋電王戦(棋士対コンピュータソフト)でも、人間(棋士)側連敗の後、見事にYSSに完勝した。

インタビューはこの電王戦の話から、将棋観、ライバル、最強の棋士論から
趣味や「3月のライオン」まで、広範囲に話を伺った。

紙面の制約上、どこまで掲載できるか分からないが、このインタビューは、
活字媒体「月刊大阪弁護士会」のみならず、後日、大阪弁護士会のホームページにも
掲載する予定である。
将棋ファンの皆様、是非お楽しみにしてください。

さて、豊島七段にインタビューした感想は、専門誌やテレビから受ける印象そのままに
謙虚で、真面目で、控えめである。
一言で言えば、羽生3冠(紛らわしいがここではフィギュアの方ですよ)のような
草食系好青年です。

無論、将棋は抜群に強い。
「今期の目標」を訪ねたとき、A級昇級とタイトル奪取とはっきりと宣言した。

是非とも実現してほしい。

また、インタビュー終了後
「今日の様子を私のブログに書いて宜しいですか」と尋ねたときに
豊島七段は、すぐさま「ええ、将棋を広めてください」と答えた。
さりげない言葉であるが、そこには将棋界を背負っているという自負を感じる。

そのやりとりを思い出しながら、私は今、このブログを書いている。

【2014年7月4日・追記】
上記インタビューが、本日、大阪弁護士会のホームページにアップされました。
トップページの「広報誌」の箇所をクリックして頂くと読めますので、どうぞお楽しみ下さい。
【さらに追記】
インタビューの注記に入れるつもりが落としていました。豊島七段の御父上は豊島茂長弁護士です。
【さらにさらに注記】
豊島七段は八段に昇段し、2017年夏からはレーティング一位の最強棋士である。あとはタイトルを奪取するだけである。
【2018年9月27日追記】
そして豊島八段は棋聖を奪取し、さらに本日王位を奪取して2冠となった。
.
[PR]
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/21849794
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2014-04-02 19:21 | 将棋 | Trackback | Comments(0)