人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森内俊之竜王・名人の「覆す力」

棋界最高峰の森内竜王・名人の新著を買う。
森内に対して、正直なところ「3割」名人時代にいささか批判的に見ていたこともあるが
本書を読んで評価を改めた。

全体に謙虚であり、森内の人間的素晴らしさが伺える。
そして、小学生時代からのライバル羽生3冠の強さと
その羽生に挑む森内の勝敗の歴史が多く綴られているが
やはりその部分の時々の「思い」が興味深い。

またいわゆる「羽生世代」が何故強いかについて
「文系」中心の従来の棋士の世界に、羽生・森内らは「理系」であること
そして、羽生世代は、世代の変わり目として「アナログ」「デジタル」の
両方知っているゆえに強いと分析している。
これは大変興味深い説である。

ではその中で、森内自身は何ゆえに強いのか。
羽生と違って、自分は天才でない、と言う森内は
「考える根気」「あきらめない気概」などをあげる。
「天才でない」者が勝つのはまさにこの通りであろう。

そして、一般的な人生訓としても役立つ、森内のあげる言葉は
「2回目のミスを避ける」。

人は誰でもミスをする。
肝心なのは続けてミスをしないことだという。
「2回目のミスを避ける」
おそらくこれは森内の名言に成るだろう。

また同じ羽生世代の夭折した天才村山聖の思い出の箇所は読んでいて心を打たれる。

「覆す力」
将棋ファンに是非お勧めする。

しかし、それにしても、「○○力」という題名をつけたのは
羽生の一連の著作を意識したのでしょうか。
.

トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/21670590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2014-02-10 22:05 | 将棋 | Trackback | Comments(0)