人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

竜王戦in宇奈月温泉

宇奈月温泉で、竜王戦第5局が行われている。

渡辺明竜王に対する挑戦者森内名人の3勝1敗であり
竜王奪取まで、あと1勝である。

このシリーズは、誰が名付けたか
「往復ビンタ」シリーズといわれている。

第1,2局は、急戦矢倉という同戦型で戦い、
森内が連勝、つまり「往復ビンタ」である。
第3局は、同じ急戦矢倉で渡辺が1勝返したが
4局目は、堂々たる持久戦模様の矢倉で
後手番森内が勝利を収めた。

これは渡辺にとっては辛い。
単に1勝3敗になったというだけでない。
急戦矢倉で負けが先行したのみ成らず
持久戦模様で先手番で負けたことが大きい。

そういう中で、本日、宇奈月温泉での
戦型が注目された。
先手森内は矢倉模様に誘うであろうが
後手番渡辺が持久戦模様の矢倉に応じて
仮に、渡辺が負ければ、再び「往復ビンタ」の上
竜王を失冠することになる。

渡辺はどうするのか。

果たして渡辺は、第4局同様、持久戦模様の矢倉を選択した。
何と45手目で第4局と同じという。

こう来なくてはいけない。
さすがである。
さすがに棋界の覇者を目指す渡辺である。
誘った森内に、持久戦模様の矢倉で応じたわけである。

とはいえ森内はこういう矢倉は十八番である。
果たして明日、どういう決着になるのか。
興味は尽きない。

しかし、
先手が「主導権」を握っているとはいえ
森内が十八番の矢倉に導いたのは
「権利の濫用」だろう(笑)。
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/21387546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2013-11-28 23:42 | 将棋 | Trackback | Comments(0)