私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

では何を慎重にするのですか?

世論調査に寄れば、特定秘密保護法案を
今国会で成立させることに「慎重」な
意見が大半である。

例えば、テレビ朝日の世論調査では
今国会中に成立させることに賛成なのは
わずか8%でしかない。

18日、テレビ朝日の記者が、
その点を、自民党石破幹事長に質問した。

そのとき、石破幹事長は、
「どのような質問をしたか。
そしてそれは慎重にした方が良いと言われれば、
そうだと答える方が多いでしょう」
「慎重にすれば、慎重にすればよい」
「では何を慎重にすればよいのか」
「どこを慎重にするのですか」
と開き直っている。

一体全体、この人は
「慎重」という日本語が分からないのであろうか。

分からないのにもかかわらず、自身のブログでは
「慎重」な国会運営をする、との言葉を使ったのか…。

世論調査によれば、特定秘密保護法に対しては
賛否が「わからない」という国民の答えも多い。
これは法案の中身が十分に国民に理解されていないことを示す。

とすれば、更に法案の中身をよく知って貰うために
今国会の成立を急がず、更に時間を掛ける。

これが「慎重に」ということである。
誰でも分かることであろう。

にもかかわらず
記者の当たり前の質問に
開き直って答える。

これが与党幹事長の発言であろうか。

こういう発言を決して許してはならない。
[PR]
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/21345798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2013-11-20 23:18 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)