人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

改めて羽生三冠の凄さに驚嘆する

対渡辺明との棋聖戦が確か明日ではなかったと思い
「玲瓏」(れいろう)にアクセスする。

「玲瓏」は、羽生三冠の熱心なファンが私的に開いた
羽生に冠するあらゆる情報のつまった大変便利なサイトである。
このサイトの開設者には心から敬意を表する。

ついでに羽生の日程を見て驚いた。

17日棋聖戦。相手は渡辺三冠である。
19日竜王戦挑戦者決定決勝トーナメント。相手は森内名人である。
21日達人戦。相手はひふみんこと加藤一二三。元天才である。
23~24日。王位戦。先のブログに書いた遅れてきた強豪行方である。
25日銀河戦。
26日A級順位戦。相手は佐藤康光。「1億3手読む」と言われる強豪である。

わずか10日間である。
しかし実に超過密スケジュールである。
闘う相手も半端でない。
強豪揃いなのである。

過密なのは、どの棋戦も羽生が勝ちぬいているからである。
(トーナメントで負ければ次はない)
現に、羽生は、昨年も、一昨年も対局数ナンバーワンである。

22日は休みかと思ってはいけない。
おそらく王位戦の前夜祭で羽生はファンサービスもするだろう。

繰り返すが信じられないくらいの超過密なスケジュールなのである。

人は往々にして、多忙を理由にすることがあるが
羽生が負けたとき、彼自身が「多忙」を理由にしたことなど
私は一度も聞いたない。

超一流とは何か。
多忙を困難とせず成果を残し
多忙を言い訳にしない。

羽生の姿勢に改めて学ばされるとともに
この超過密の羽生の10日間は実に興味深い。

一体羽生はどう闘うのか。
果たして勝ちぬけるのか。
興味は尽きない。
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/20807456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2013-07-16 22:47 | 将棋 | Trackback | Comments(0)