人気ブログランキング |

私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

憲法が危ない

2013年の今、まさに今ほど、憲法「改正」の危機はない。

本日、平和人権センター主催の憲法集会に参加する。
高橋哲哉東大大学院教授の講演があったからである。

私は、いわゆる靖国訴訟を20年以上にわたって
担ってきたが、高橋教授には大変お世話になっている。
そこで時間をやりくりして教授の講演を聴きにいった。

さすがにわかりやすい。

また「国民主権」といわず、「主権在民」といわれるなど
(「国民主権」では「国民」とは何かなどの問題があるから)
随所に細かい配慮が行きわたっている。

主題は、自民党改憲草案批判。
具体的に自民党案の条文を示しての解説がわかりやすい。

私自身、参考になったのは
「案外、自民党草案の条文がよまれていない」
「自民党草案は、一見現行憲法の条文の文言を
残す構えを見せながら、結局は骨抜きにする」と強調された点である。

この点は今後自民党草案批判をしていくためにも
重要なポイントですね。

さて皆さん、自民党草案は本当にひどいです。

自民党草案は、天皇を元首にし、戦争できる国防軍を作り
人権を公益の点から制約するなど随所に問題があります。
こんな息苦しく不自由な日本にしてはいけません。

おそらく多くの市民も同感していただけると思います。

是非、自民党草案の問題点を広めてください。

また、選挙訴訟でお世話になりました上脇博之教授は
憲法「改正」の危機を前に、このたび
「日本国憲法VS自民党改憲案」(日本機関誌出版センター)を
発行されました。
憲法の意義から始め、自民党の9条改憲の意味、自民党改憲草案の問題点、
そして、改正手続きを変える問題点などを
わかりやすく説明されています。

こちらもおすすめです。
トラックバックURL : https://okawakazuo.exblog.jp/tb/20456823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2013-05-09 00:45 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)